ベイリーフラワーエッセンス

ベイリーフラワーエッセンスの使い方


ベイリーフラワーエッセンスは、日本ではHJフラワーエッセンスとして、スプレーボトルで販売されています。そのため、飲むこともスプレーすることもできて、いつでも手軽に使えます。

―直接もしくは水に入れて飲む―
口中に直接、2、3回スプレーします。そのまましばらく口に含んで下さい。コップ半分程度を目安とした少量の水に、2、3回スプレーして少量ずつ飲むこともできます。

この時、一度に5種類まで混ぜることができます。各エッセンスを2、3回ずつスプレーして下さい(5種類なら10~15滴)。また、コンポジットエッセンスを混ぜることもできます。その場合、コンポジットエッセンスはそれ自体で1種類として数えます。例えばC-1「不満と怒り」は3種類のエッセンスの組み合わせからなりますが、「不満と怒り」自体でひとつのエッセンスということです。

―スプレーとして吹きかける―
頭の上や体のまわりなどに2、3回スプレーします。体を包むオーラにふきかけるイメージでお使い下さい。入浴時、お風呂に数回スプレーする、身体の脈の上にスプレーするなど。


―使用するタイミングや期間―

●一時的な感情に
その時々の感情の状態に合わせて、随時お使いいただけます。なかなか気持ちが静まらない時などは、たとえば1時間おきといったように、頻繁に使うことができます。落ち着くまで繰り返しお使い下さい。

●テーマに取り組む
ひとつのテーマに長期的な取り組みをする場合、まずは1か月くらいを目安に使い続けてみてください。その時点で様子を見て、同じエッセンスを続けるか、違うエッセンスに切り替えるか、判断するとよいでしょう。

*テーマに合わせて選んだフラワーエッセンスを継続してとる場合、一般的には、1日4回以上(朝起床時、夜就寝前、日中2回以上)とることが必要とされています。

*トリートメントボトルを作り、そこからとることも可能です。
【トリートメントボトルの作り方】
30mlのスポイトボトル等に、保存用のブランデー1/4程度、残りはミネラルウォーターで満たし、選んだエッセンス(5種類程度まで)を2、3回スプレーしてボトルに入れます。フタをして、ボトルの底を手のひらで10回程度叩いてエネルギーの活性化をしてできあがりです。そこから、1回4滴を1日4回以上とり、1ヶ月程度で飲みきるようにします。
 ※保存用としてりんご酢、飲用のグリセリン等を使う場合は、それらと水を同量にします。


―動物や植物への使用―
動物や植物にも使うことができます。動物はひじょうによくエッセンスに反応します。餌や飲み水に混ぜて使うこともできますし、体に直接塗布することもできます。小動物の場合、使用量は人間と同じです。馬などの大きな動物には3倍の量にするとよいでしょう。


商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 発送日

営業日(発送日): 火・木・土
 (祝日、夏季、年末年始は除く)
*夏季休業:8月11日~21日
営業時間:11:00~16:00

【商品の発送につきまして】
当店では、なるべく新しい商品を提供するため、一部の商品を除き、多くの商品はご注文をいただきましてから取り寄せしております。(在庫がない商品も、カートに入れてご注文いただけるよう、長期欠品商品以外は在庫ありと表示しております)

●ホメオパシージャパン、CHhomショップ商品: 午前11時まで(祝日は午前8時まで)のご注文およびご入金確認分を翌営業日以降に発送
※レメディー適用書は、メール添付でない送付方法の場合は、通常よりお日にちがかかりますのでご了承ください

●フラワーエッセンス(ベイリー、ファーイーストを除く)、生活の木 商品: 平日の午前11時までのご注文およびご入金確認分を翌営業日以降に発送

ホメオパシーレメディーキットの中の小ビン単品、バッチフラワー等、常時少量在庫のある商品につきましては、営業日午前11時までのご注文およびご入金で、当日発送も可能です。 お急ぎの場合はお問い合わせください。

※お支払い方法が銀行振込・郵便振替の場合は、ご入金確認後の手配となります。

■お問い合わせはこちら
(メールフォームが開きます)




【お問合せ】
メール(メールフォームが開きます)

■TEL 04-2960-1561
 11:00~16:00
 (火・木・土曜日)

■FAX 04-2960-1560

※WDS製品・CD等に関するご質問は、ホメオパシージャパン システム部 E-MAIL:system@homoeopathy.co.jpへ直接お問合せください。

良い店

 

ページトップへ