カートをみる 新規会員登録/マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

ご来店ありがとうございます! 初めてのお客さまは、ご利用案内をご覧ください。  →当店のご案内
レメディー一覧 送料 お支払方法 よくあるご質問  ☆5,000円(税込)以上でプレゼント

●6月から価格改定となります 新価格はこちら →ホメオパシージャパン →適用書 →日本豊受自然農(化粧品・食品) (PDFファイル)
(PDFファイルがご覧いただけない場合は、トップページの「お知らせ」よりご覧ください)

マザーチンクチャー


ハーブチンキ(マザーチンクチャー)の作り方
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アルコールで抽出することで、植物の水溶性の成分も油溶性の成分も両方抽出されるチンクチャー。
飲んだり、お風呂に入れたり、化粧水に入れたり、、、とても重宝します!


おすすめのハーブ
マリーゴールド(Calendula)セントジョンズワート(Hypercum)アイブライト(Euphrasia)エキナセアパッションフラワー(Passiflora)など

材料
・ドライハーブ 100〜200g
 または生のハーブ 300g
・アルコール 1000〜2000ml(ハーブが浸る量)
 (35%以上の食用アルコール ウォッカ、ホワイトリカー、ラム酒など)


作り方
1. ハーブを大きな広口瓶に入れ、ハーブが完全に浸るようにアルコールを注ぎます。
  (アルコールの量は、ハーブによって変わります。マリーゴールドなど花で軽いハーブの場合は
   ハーブ:アルコール=100g:2リットル くらいです)

2. 瓶にフタをして冷暗所に置き、1日数回振り混ぜます。

3. 2週間経ったら、ガーゼなどでハーブを漉します。ハーブがお酒を吸っているのでよく搾ります。
  (残ったハーブは良い堆肥になります)

4. 漉した液を、ロートなどで清潔な遮光瓶(色のついたガラスビン)に入れ冷暗所で保存します。

*保存の目安:約1年
*ハーブの量は、10gくらいからでも作れます。その場合、出来上り量は、100mlくらいです。

使い方
○飲用
 水、ハーブティー、ハーブコーディアルなど、飲み物に1〜3ml入れて飲みます。
 アルコールに弱い方は、ハーブティーを入れるときに熱湯を注いだ直後にチンキを垂らし、
 アルコールを自然蒸発させるとよいでしょう。
○入浴剤
 マリーゴールドやセントジョンズワートのチンクチャーを入れてぜいたくなハーブバス、足浴に。
 量はお好みですが、お風呂なら50〜100mlくらい入れるのがおすすめです。
○手作り化粧品
 化粧水など手作り化粧品材料として使うこともできます。マリーゴールドがおすすめです。
○湿布
 洗面器などの水やお湯にチンキを垂らしてその中でタオルをしぼり湿布として使います。